ブログの更新遅くなりましてすみません。
今週火曜日に久しぶりに学童に行きました。
本来なら、合宿をやってキャンプ直前で盛り上がる学童のはずが、新型コロナウイルスの影響で行事がなくなった上に、保育所内でもみんなマスクしながらの活動で本当に大変だと思いました。
指導員さんは、子供たちが使用した机を1回1回丁寧に消毒もして頭が下がる思いです。

さて、上の子も通じて学童10年目の父母ですが、初めて刃物の取組みを見学しました。
子供たちは、みな真剣で、少しこなれた上級生は、鉛筆の芯を超ロングにしつつ、下の子に教えてやったりと、こうしてみんないろんなことを学童で学んでくるんだと、改めて思いました。

県内含めたコロナ感染者が増える中で、今後も学童は大変な状況ですが、キャンプなど様々な活動がどんな形であれ、無事に行えて、子供たちのマスクのない笑顔が戻ることを切に願います。

(記:OS)

関連記事

  • 2021年7月20日 合宿の様子 例年だと泊まりで行われる合宿ですが、 今年は日帰りかつ、5・6年生と4年生の2回にわけて、 […]
  • 2021年6月24日 避難訓練 先日、避難訓練が行われました。 合図とともに避難行動に移る子どもたち… […]
  • 2021年5月31日 「自由買い」とは 長久手北学童の普段の保育の取り組みの中に「自由買い」というものがあります。 これは何かというと… […]
  • 2021年5月13日 班がえ 長久手北学童では、普段の保育のときの取り組みにおいて、子どもたちが「班」で行動します。 班の […]
  • 2021年2月23日 刃物の取り組み 今年に入り、学童では「刃物の取り組み」が始まっています。 慎重に板に設計図を書き込み […]
  • 2020年9月30日 刃物の取組2 前回7月に刃物の取組みとして鉛筆を削っていましたが、9月は梨の皮むきにチャレンジです!!みんな上手 […]