長久手北学童の普段の保育の取り組みの中に「自由買い」というものがあります。
これは何かというと…

学童施設の中で、10円、20円、30円のお菓子をテーブルに並べて、子どもたちは自分の頭の中で合計100円までのお菓子を自由に選ぶことができる、という取り組みです。
買い物気分を味わえる他、計算の練習にもなりますね!
昔からよくある「遠足のおやつは何円までですか」を学童の中でやってるんですね。
なお、ちゃんと店番もいますw

その様子の写真を例によって指導員さんからいただきましたのでご紹介します。

 

ちなみに、これの発展形としてコンビニに実際のお金を持って好きなものを買うという「リアル自由買い」というのもあります。
機会があればまたご紹介します。

hh記

 

関連記事

  • 2021年7月20日 合宿の様子 例年だと泊まりで行われる合宿ですが、 今年は日帰りかつ、5・6年生と4年生の2回にわけて、 […]
  • 2021年6月24日 避難訓練 先日、避難訓練が行われました。 合図とともに避難行動に移る子どもたち… […]
  • 2021年5月13日 班がえ 長久手北学童では、普段の保育のときの取り組みにおいて、子どもたちが「班」で行動します。 班の […]
  • 2021年2月23日 刃物の取り組み 今年に入り、学童では「刃物の取り組み」が始まっています。 慎重に板に設計図を書き込み […]
  • 2020年9月30日 刃物の取組2 前回7月に刃物の取組みとして鉛筆を削っていましたが、9月は梨の皮むきにチャレンジです!!みんな上手 […]
  • 2020年8月26日 おやつの自由買い 子供たちが大好きなおやつ。 そのおやつを自分たちで店で選べるという、待ちに待ったイベントがやって […]