046_convert_20120211205922.jpg
047_convert_20120211210326.jpg

学童ならではの活動の一つに、「刃物の取り組み」があります。
「のこぎり」や「やすり」を使って、木製品を作るのです。
今回完成したのは、「巨大将棋」と「立体四目並べ」! なかなかの出来でしょ!
子供たちの周りから、危ないものを減らすだけでは、自分で自分を守れるようにはなれません。
危なそうに見えるものも、使い方をきちんと身につければ、便利な道具として活用できる。
学童では、自分たちで遊び道具を作りながら、大切なことを学ぶことができるのです。
(S記)

関連記事

  • 2022年8月4日 刃物の取り組み 今月は「刃物の取り組み」の活動がありました。 「危険な道具の正しい取り扱い方を学び、体験する」毎 […]
  • 2022年6月22日 第1回防災訓練 「天災は忘れたころにやってくる」 北学童では、毎年、防災訓練を行っています。 今回は、 […]
  • 2022年5月23日 鴨田クラスに畑ができました 今年度から開所した鴨田クラスの庭に 有志の父母のご協力のもと、畑ができました。 […]
  • 2021年10月29日 鳴子踊りの練習 北学童の秋の風物詩といえば、低学年チーム(1~3年生)による「鳴子踊り」です。 今月は鳴子踊りの […]
  • 2021年10月29日 リアル自由買い 少しずつ気温が下がってきて、秋真っ盛りですね🍁 10月、11月は子供たちが楽しみ […]
  • 2021年9月30日 夏のお出かけ作品完成 夏休みに出かけた愛知県陶磁美術館(→その時の様子) そこで作成した作品が北学童に届きました。 […]