ようやくお盆。
夏休みも折り返し地点ですが、
こどもたちにとってはまだまだ楽しい夏休み。
遠足もあります。


そんな中、キャンプの思い出を少し。

 
  

今年のキャンプの特徴は
なんと言っても、トーチです。
長いこと準備して練習して…
前日に火をつけたとき、
ドキドキしてた6年生たち。
やり終えたときの
あの泣き声は
みんなの心にジーンと来たのではないでしょうか。
俺らも来年!って5年生は思ったのでは?
そしてお手伝いの父母のみなさん。
お父さんが多かったので、助かりました。

チカラ仕事チャキチャキ。
しかもとってもテキパキ!
母軍団も
大量のオニギリ340個をあっという間に、ニギニギ。
父軍団も慣れた手付でニギニギ。
素晴らしい協力体制でした。
そしてなんと言っても
今年はピーカン!晴れ!
一滴も降らない、キャンプ日和でした(笑)

 

そして最後に。
いつも思うのは指導員さんのこと。
準備の完璧さ。
行き届いた目。
臨機応変な行動力。
欲しいと思ったものがなんでも入ってるコンテナ!!
一年生を含む50名近い子どもたちを
宿泊しながら保育するなんて相当の労力です。
事前に何度も打ち合わせをしているとのこと。
毎年キャンプができることを感謝しなくてはね。
ありがとうございます。

また来年もみんなで来れますように。

関連記事